カテゴリー別アーカイブ: 手汗を抑える方法

手汗を治す方法はある?

手汗が酷いと生活に大きな支障をきたす場合があります。

そして、本当に手汗で悩んでいる人は人とコミュニケーションを取るのにも抵抗を感じてしまって、精神的に追い詰められていることも少なくありません。

では、この手汗という症状を治す方法はあるのでしょうか?

結論からいうと治す方法はあります。

ただ、どれが自分に効果があるのかは実際にやってみないと分かりません。

それぞれ治し方によって合う合わないがあり、効果にも個人差があります。

しかし、やらないよりもやった方が症状が改善する可能性は高いと思ってください。

手汗に悩まされている人の中には今までに色々な方法を試しても、改善しなかったという人もいるでしょう。

ただ、もしかするとそれはまだ自分に合った方法に出会っていないだけなのかもしれません、

本当に自分に合った方法を見つけることができれば、悩まされている手汗を改善できる可能性があります。

そのため、自分はもう治らないと思わないでください。

手汗は薬局で対策できる?

手汗を改善したい場合、薬局に行ってみるのもいいかもしれません。

薬局に行き、薬剤師の方に相談してみてください。

そうすると手汗に効果的な商品を紹介してもらえるはずです。

他の人に話すのが恥しいと感じるかもしれませんが、相手は何も気にしないで気軽に相談しましょう。

一人で商品を選ぶのもいいですが、それでは自分に合ったものを選ぶことができないと思います。

その汗を止めるような商品はたくさんあり、それぞれ特徴があります。

特徴を理解せずに購入しても効果が薄い可能性があるので、自己判断で購入するよりも薬のプロに選んでもらった方がよっぽどいいです。

中には病院で処方してくれるような商品を紹介してもらえるかもしれません。

そして、選んでもらう場合は自分にアレルギーがないかやどういった症状なのかを詳しく伝えるようにしてください。

情報を少しでも伝えることによって、薬剤師の方も選びやすくなります。

もし、薬局のものを使用しても効果が出ない場合は病院に行かれた方がいいでしょう。

手汗にはボトックスが効く?

手汗を改善する方法の1つにボトックスという方法があります。

ボトックスとは汗腺の働きを抑えるボツリヌストキシンを患部に注射するというものです。

施術時間はおよそ15分前後と非常に短く、入院する必要もありません。

ボトックスのメリットは以下の通りです。

・メスを使用しない
・施術時間が短い
・副作用がほとんどない

まず、メスを使用しないので傷跡が残る心配がありません。

注射をするだけなので施術時間が短く、体への負担が少ないです。

副作用がほとんどないので、術後に何かしらの症状に悩まされることがありません。

このようにメリットが多いのがボトックスの魅力です。

ただし、手汗のボトックスの場合、保険を使用できないという問題があります。

保険適用外になるため、全額自己負担となり、一般的に両手で10万円前後かかると思ってください。

また、病院によっては5万円程度でできるところもありますが、中には15万円程度かかると場合もあります。

いきなり手汗をかくようになることもある?

それまでは全く問題なくても、突然手汗をかくようになることもあるのでしょうか?

結論からいうとあります。

この場合、考えられる原因は以下の2つです。

・精神的なストレス
・病気

例えば、スピーチの時に手汗がひどくなった場合、過去のトラウマが大きく関係しています。

また同じような失敗をしたくないという強い気持ちがストレスになり、手汗を引き起こすケースは多いです。

この場合、自分で治すのは難しいので病院に行った方がいいでしょう。

病院から処方される緊張を緩和させる薬やカウンセリングによって症状が良くなるはずです。

そして、病気が原因でいきなり手汗をかくようになる場合もあります。

有名なのがバセドウ病や更年期障害です。

この2つはホルモンバランスを乱すので、その影響で手汗をかくようになる場合もあります。

さらに糖尿病も手汗をかくことがある病気の一つです。

病気が原因の場合、その病気を改善しないと手汗を改善することができないので、まずは病気の治療を行うようにしましょう。

手汗対策法は2CHでみつかる?

手汗対策法を2chで探している人も多いのではないでしょうか?

大型掲示板の2chは様々な人が書き込みをしていて、その中に手汗対策法が紹介されている場合があります。

そのため、2chの意見を参考に手汗対策をするというのも1つの方法です。

ただし、2chで紹介されている方法が全て正しいという訳ではないので注意してください。

匿名の掲示板なので嘘の情報を書き込んでいる人もたくさんいます。

そして、あくまでもその人が成功した対策法なので、自分にも効果があるとは限りません。

実際に試してみて全く効果がなかったり、何かしらの副作用が現われる可能性もあります。

安全性に欠ける対策法も紹介されている場合があるので、2chの情報を鵜呑みにするのは危険だと思ってください。

あくまでもそういった方法もあるのだと参考程度にするくらいがちょうどいいかもしれません。

これは2chだけではなく、インターネット上で紹介されている情報全てにいえることです。

手汗にミョウバンが効果ある?

手汗にミョウバンが有効だといわれていますが、本当に効果はあるのでしょうか?

結論からいうと効果はあります。

手汗に悩まされている人はミョウバンを使ってみるのもいいかもしれません。

ミョウバンには収れん作用といって、肌を引き締める働きがあります。

肌が引き締まると汗腺が閉じ、汗の発生を抑えることが可能です。

そのため、手汗の治療にミョウバンが使用されるケースも多く、これによって悩みが解消されたという人もたくさんいます。

そして、ミョウバンのいいところは副作用がない点です。

ミョウバンは食品添加物に使用されており、大量に使用しない限りは安全性が高いといわれています。

使い方は簡単で、水の中にミョウバンを溶かして、それを手に塗るだけです。

たったこれだけで汗を抑えることができるので、どなたでも試すことができます。

ただし、効果には個人差があり、すぐに改善する人もいれば、長期間使わないと目立った変化が見られない場合もあります。

手汗がひどくてもバイトできる?

手汗がひどい場合、バイトができるか不安に感じるかもしれません。

結論からいうと手汗がひどくてもバイトはできます。

ただし、バイトを選ばないといけません。

そのため、好きなバイトには就けない可能性があると思ってください。

手汗がひどい人に向いていないバイトは以下のようなものです。

・接客業
・事務

接客業と事務のバイトは手汗が酷いと難しいです。

コンビニや飲食店などの接客業だと仕事に差し支えることが多いでしょう。

レジでお金や商品をお客さんに渡す時に渡したものが濡れていると不快に感じる人もいるはずです。

また、事務だと紙を触る機会が多いため、汗で破れてしまったり、文字が滲んでしまう場合もあります。

逆に手汗がひどくてもできるバイトは警備員や交通誘導員、手袋を装着して仕事する食品加工や調理業務といったものです。

こういったバイトなら問題なく仕事ができると思います。

症状によって異なるので、もしそれほど汗の量が多く無いのであれば、他にも色々なバイトができるでしょう。

手汗にはどんな薬が処方される?

手汗で病院に行くと処方されることが多いのは以下のような薬です。

・塩化アルミニウム水溶液
・抗コリン薬

塩化アルミニウムは汗の抑える作用が非常に強いため、手汗の治療でよく使用されます。

市販の薬でも塩化アルミニウムを含んだものがありますが、病院で処方されるタイプはそれよりも濃度が濃いです。

ただ、効果には個人差があるため、人によっては効かない可能性があります。

肌が弱い場合だとかぶれてしまう危険もあるので注意しましょう。

そして、抗コリン薬も手汗の治療で使用されることがあります。

抗コリン薬とは発汗の原因でもあるアセチルコリンを抑える作用があり、手汗だけではなく足裏や背中などの全身の異常発汗に有効です。

しかし、副作用として便秘、口渇といった症状が現われるかもしれません。

塩化アルミニウム水溶液と抗コリン薬は手汗の薬として有名ですが、どちらにも副作用の心配があるので、用量用法を守って使用してください。

また、必ず医師の判断に従うようにしましょう。