手汗にはどんな薬が処方される?

手汗で病院に行くと処方されることが多いのは以下のような薬です。

・塩化アルミニウム水溶液
・抗コリン薬

塩化アルミニウムは汗の抑える作用が非常に強いため、手汗の治療でよく使用されます。

市販の薬でも塩化アルミニウムを含んだものがありますが、病院で処方されるタイプはそれよりも濃度が濃いです。

ただ、効果には個人差があるため、人によっては効かない可能性があります。

肌が弱い場合だとかぶれてしまう危険もあるので注意しましょう。

そして、抗コリン薬も手汗の治療で使用されることがあります。

抗コリン薬とは発汗の原因でもあるアセチルコリンを抑える作用があり、手汗だけではなく足裏や背中などの全身の異常発汗に有効です。

しかし、副作用として便秘、口渇といった症状が現われるかもしれません。

塩化アルミニウム水溶液と抗コリン薬は手汗の薬として有名ですが、どちらにも副作用の心配があるので、用量用法を守って使用してください。

また、必ず医師の判断に従うようにしましょう。

当サイトの人気記事

1番人気! 手汗、足汗対策で使った手汗専用のパウダーはこちら(僕が使った感想) 
 
手汗、足汗の対策のサイトです

関連記事